鷹の視点で世界を眺めてみよう

全国各地域において発令された、
緊急事態宣言から約1週間が過ぎました。

皆様におかれましては、いかがお過ごしですか?

私の仕事の大部分は、
コロナ以前からテレワークなので、
コロナ流行後もほとんど生活習慣に変わりありません。

結婚相談業は濃厚接触業なので、
コロナの感染状況が沈静化するまで活動自粛中です。

6月に予定していた試験が約半年延期となり、
時間にゆとりができて日々がゆっくり流れている気がします。

ネットでは政府の新型コロナ政策に対する、
対応の遅れや批判・感情的な意見も多く見受けられますね。

私はさまざまな意見や情報に対して、
まずはジャッジせずありのままを観察しています。
この姿勢が冷静な判断を生み出すコツだと思っています。

危機に対しては、
迅速に行動することが求められますし、
同時にパニックにならず冷静な判断力と行動もとても大切です。

人がパニックに陥りやすい状況や
感情が常に動いている状況というのは、
デマやフェイクニュース、儲け話や詐欺に遭いやすいものです。

人の恐怖心を煽ってきたり、
儲かる系やこのままだと大損する系、
まあ、いろいろありますが、とにかく冷静にね。

デマやフェイクに惑わされないよう、
有料でもエビデンスが明確な情報を一早く入手し、
最悪の状況にも備えつつ楽観的に行動するように心がけましょう。

最初に最悪を想定しておくと、
意外と「こんなものか?」と気持ちが楽になるものですよ。

とはいえ、新型コロナの場合、少しの気の緩みがさらなる感染増加を招きかねません。

ようやく五十肩が治りかけ、
ゴルフでリハビリを始めた矢先、
石田純一さんが新型コロナ感染のニュースが飛び込んできました。

ゴルフ中の感染かは不明ですが、
カートに乗車中や食事中の会話は濃厚接触ですもんね。

昨年に続き今年もゴルフもお預けとなりそうです(涙)。。。

ですが、新たな学びの時間が確保でき、
これまで関心の薄かった政治や経済について、
心理学をベースに楽しい学びの時間も過ごしています。

鷹の目で世界を眺めてみると、
新型コロナで慌てる人間の様子はどんなふうにみえるんでしょうね。

良い意味でも悪い意味でもです。

なんとしても私たちの子や孫が誇りをもって生きていける日本・そして未来にしたいものです。

こんな気持ちが芽生えてきたのも新型コロナのおかげかも。

新型コロナは、
私たちの今後のキャリアに対して、
どうありたいの?を問いかけているようにも感じます。

その答えが、私たちが創る未来の重要な分岐点になるのだろうと考えます。

松田 たけお

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 厚生労働省が発表した統計では、2018年の日本人の平均寿命は男性81.25歳、女性は87.3...
  2. しばらく猛暑が続きそうです。しかし夏季休暇まであと少しです。
  3. 本題へ入る前に先日のイベントでカード占いを提供した旨をお伝えしたところ、松田さん占い師になる...