自分がどうするかは自分で選択できる

地元で食事をしていた隣席の学生さんの会話。

学生A「さっきさあ、教習所から出てきたら、そこに保険の営業マンがいて、『あと5件契約しないと帰れないんです!』って声かけて来てさあ。」
学生B「で、それで?契約しちゃったの?」

学生A「するわけないじゃん、かわいそう。って思ったけど。」
学生B「だよね、今時そんな営業で契約する人いるの?」

学生A「いるから、そこにいたんじゃないの?」
学生B「そんなんで契約しちゃうんだ。。。」

テレビで謝罪会見をしていた保険会社だと申しておりました(^^;

謝罪会見は私も観ていましたけど、
他人事のようにしか伝わらなかったのは私だけかな。

20代の頃の私の話なんですが、
法人のお客様を担当する営業だった時代、
お客様へイベントのお誘いをFAXで送信したのです(当時はまだEmailがなかった)。

そうしたら支店長から、
「こういうイベントのお誘いはFAXでなんかで案内するのは失礼だ、足を使え足を!」
と怒られたのを思い出しました(笑)

「もうそんな時代じゃないよ。」と思いつつ、
私も上司には逆らえず渋々夜遅くまで営業していたものです。

なんのために働いているんだろう。
なんのためにこんな夜遅くまで仕事してるんだろう。

そんなふうに自問自答する日々が続いたものです。

そんな、ある夏の日の朝、
会社に出勤して電話をとった所長が、
「〇〇が昨夜事故で亡くなったっていうんだよ。」

時間が一瞬止まったような、
そんな、えっ嘘。急に言われても信じられず、、、

所内の女性(22歳)が会社帰りに、
交通事故で亡くなるという出来事があったんです。

大人しくて、とてもいい子で、
なんでこんなことが起きるんだろう。

葬儀の日は、
汗なのか涙かもわからないくらいの夏日。

棺の中で眠る彼女の顔はとても穏やかで、
「あ〜、人ってこんなあっけなく死んじゃうんだ。」
「なんで、あの時、、、もっと色々話しておけばよかったなぁ。。。」
当時は、いろいろ後悔したこともあった気がします。もう25年近く昔の話ですけど。

その出来事以来だと思います。
徐々に自分の好きなように好きなことで、
言いたいことを言い、生きていけるようになっていた気がします。

家族にも、いろんな人にもたくさん迷惑もかけながら。

今は好きな仕事しかしていないので、
その頃とは仕事へのモチベーションが断然違います。

さすがに年齢的に徹夜は無理ですが、
つい時間を忘れてカウンセリングに集中しても疲れはなし。

ここで書いても仕方ないですが、
伝えたかったのは上司が、とか会社が、ではなく、
自分の好きなことを選択できる自由が私たちにはあるんだよ。ってことかな?

そんなことできないよ。っていうのは、
できないって選択をしてしまっているからなんだな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 厚生労働省が発表した統計では、2018年の日本人の平均寿命は男性81.25歳、女性は87.3...
  2. しばらく猛暑が続きそうです。しかし夏季休暇まであと少しです。
  3. 本題へ入る前に先日のイベントでカード占いを提供した旨をお伝えしたところ、松田さん占い師になる...