どうなってしまうんだろう?から、私はどうしたいのか?へ

7年ぶりにイベントチラシを作成しています。

企画書作成と同様、
どうやって作成したか思い出して
集中力のスイッチが入るまでが一苦労です(笑)

2019年は新元号への移行年ですが、
2020年のオリンピックを控えているのに、
お隣韓国との関係がギクシャクしていたり、
アメリカや中国経済の先行き不透明感もあり、
この先日本はどうなってしまうんだろう?と不安な方も多いと聞きます。

イメージの力って面白いもので、
「これからどうなってしまうんだろう?」
と思うと、不安や恐れの感情に支配されてしまいます。

「自分は本当はどうしたいのか?」
と問い続け、在りたい姿が明確になると、
必要な情報が次々と目の前に出現するものなのです。

まるで神様が
「ほら、これ必要でしょう。
それをやるならここへ行ってみなさい。」なんてね。

話が少しそれますが、
大相撲の稀勢の里が引退発表した当日、
横綱白鵬が、横綱の孤独や怪我との戦いの厳しさはその本人でなければわからない。と言ってました。

2019年に日本が向き合わなければならない難題も、
直接対応している政治家や官僚の皆さんしかわからないこともあるでしょう。
(櫻井よしこさんは昨年の法人会の講演で今の韓国と日本の現状を予測していました)

日本という国をどのような国にしたいのか?

地球が愛の星であることを、
堂々と世界へ発信する精神レベルの高い国にしたいですね。

そのためにはまず私は自分の居場所で、
たくさんの方が愛を取り戻すお手伝いをさせていただく。
※愛を取り戻すについては、また機会があるときに話します。

そのためのお悩み相談室という居場所で、
これからもココロに明るい陽を灯す存在であり続けます。

アイキャッチ画像提供 PIXTA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 厚生労働省が発表した統計では、2018年の日本人の平均寿命は男性81.25歳、女性は87.3...
  2. しばらく猛暑が続きそうです。しかし夏季休暇まであと少しです。
  3. 本題へ入る前に先日のイベントでカード占いを提供した旨をお伝えしたところ、松田さん占い師になる...